www.silverlotusyoga.org

通常、カードの上限金額が使用者がよく利用する額より高く設定していると人は心配ないと誤解して、むやみにクレカを使ってしまったりします。このようなクレカへの過度の依存を避けるように決済可能な上限金額を安全のため減らし気味にセーブしておこうという提案が、これから提案する本文の主旨となります。限度額を減らす方法●クレカの上限額を引き下げるとは利用限度額を引き上げる方法とともに、非常にスムーズです。お手元のカードの裏面に案内のあるフリーダイヤルにかけて、「月ごとの限度額を引き下げていただけませんか」というふうにオペレーターに伝えるだけ。おおむね現状の利用限度額よりも下であれば時間のかかる審査なしでその場で限度額の変更ができてしまいます。限度額をセーブしておくのは被害に遭わないようにすることへと繋がっている□クレカの限度額の抑制は自分をセーブできる等の良いことはもちろん自分を守ることにも関係してきます。仮に、使っているカードが誰かの手に渡り乱用されるトラブルでも前もって持っているカードの上限を少なく押さえていたなら実害を可能な限り最小限にすることも可能なためです。覚えておいてほしいのは、万が一クレカが知らない間に使用された問題が発生してもクレジットカードの契約者に詐欺に加担するようなことがない場合は、盗難保険として知られる機能が使用者をサポートしてくれるわけだから過度な心配は必要ないわけですが1%の可能性のことを念頭に置いて普段必要ないような利用限度額は低くしておくのも手です。不要な分の利用限度額は百害あって一利なし・・・なんです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.silverlotusyoga.org All Rights Reserved.