ロスカットになってしまったら即トレード

外国為替証拠金取引(FX)をやる興味深いところは、一つの商品であるのに資金投下の期間を短・中・長という3種類の期間からどの種類をセレクトするかにより出資の方策が異なるという部分にあると言います。

初めに外貨に対して投入する「長い期間の投資」に関して詳しく見てみよう。

長期スタンスは一年以上の長期出資が前提とされているのが通常です。

為替相場で一年以上後々の為替の相場がは円高と予測するか、逆に円安だろうかを連想することは、一般的に苦難かと思います。

実際は、「そんなにも後々の状況のことは予知できない」となるのが現実です。

予想もできないのに頭を悩ませて予言しようにも、そんなことは意味のないのです。

そのことから、他の貨幣を買った場合、その時の価格よりも円が高めになっていても、そのマイナス分は近い将来返ってくるはずだという程度の意識で売買に臨むことが大事です。

差益を上げることよりも、他からの利益、要はスワップポイントで儲けるということを、とりあえずの望みにして始めましょう。

もちろん短期で為替差損にマイナスがたくさん膨らんでしまうことがあります。

そのことから、こういうケースのような損失に影響のないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少しに売買することが大切です。

FX(外国為替証拠金取引)は損失がある金額よりも大きく更に広がると追加保証金(追い証)が発生したり、あるいは損切りを置く必要があります。

ロスカットになってしまったら即トレードを終了しなければならず長期の投資はできなくなります。

この例のようなリスクを避けるには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍でやり取りするのがベストです。

2番目に中期の場合の売買に関してです。

中期のケースでは、最大でも2ヶ月程度後を想定しての売買を行うのです。

為替の取引のケースでは、およそ1ヶ月後のことであれば、だいたいの場合、先読みできるでしょう。

G7などのような国際論議とか為替トレードで取引している人たちがどのような問題に注視しているかを考えてみればおおかた、予知できるはずです。

上記のように経済の状況をチェックしながらなおグラフを確認することで為替レートの状況を把握する事ができどちらのポジションかを見極めるのがいいでしょう。

基本的に、経済情勢とテクニカルの両方で良い状態であり、あるいは買い傾向が一致した時は、おおよそ予想通りに行くと思って差し支えありません。

その時は保有高を増やすとより高い利益をもらえるのはほぼ間違いないでしょう。

3つ目に短期のトレードのポイントです。

ここでの短期のトレードが示しているのは、言わばデイトレードのことを示しています。

為替市場でデイトレを行う際ファンダメンタルズは絡んでいないと断定していいです。

なぜならば翌日の為替のレートの動向に経済の状況は反映されないからです。

ここで一番のコツは注目される催しがあると、それが影響してレートが大幅に変動するチャンスを見逃さないよう行動することです。

例を挙げると、米国で雇用統計が公表されるもしくは金融政策決定会合等によって金利が変化するようなイベント。

こういった一瞬の変わり様を見過ごしてはいけないとの意味で、短期のトレードでは高度なものが必須となる。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.silverlotusyoga.org All Rights Reserved.