アコムに完済するまでに結構な年月がかかる

融資の利子がどこも似たり寄ったりなのはご存知の事ともいえますが、それは利息制限法と呼ばれている法律により最大限の利子が決められているからです。82-14-1

消費者金融などは利息制限法の規定の範囲内で独自に設定しているので、似た中でも差があるようなキャッシングサービスを展開しています。82-13-1

それではその利息制限法とはどんなものか見ていきます。82-17-1

まず最初に上限範囲内の利息ですが、10万円未満のキャッシングには20%、10万円以上100万円未満は年率18%、100万円以上は年15%までと設けられていて、その枠を超す金利分は無効となるはずです。82-10-1

無効とはお金を払う必要がないという事です。82-20-1

にも関わらず一昔前は年率25%以上の利子で取り決めする消費者金融会社がたいていでした。82-3-1

その理由は利息制限法に違反しても罰則規定が存在しなかったためです。アコム

それだけでなく出資法による上限利息の年29.2%の利率が許されていて、その規定を改訂することは無かったのです。82-12-1

これらの利息制限法と出資法の間の利息の差の範囲が「グレーゾーン」と呼ばれているのです。82-15-1

出資法には罰則が有ります。82-6-1

この法の上限利息は守られていたようですが、出資法を有効にする為には「ローンキャッシングを受けた者が自分からお金を支払った」という原則があります。

今日、頻繁にとりざたされる必要以上の支払いを請求されるものはこれらのグレーゾーンの利息分を過払いとして返却を求める請求です。

裁判でも出資法の大前提が聞き入れられることは大半はなく、要求が通る事が多いでしょう。

最近では出資法のMAXの利息も利息制限法と一つにまとめられ、それにより金融会社の利率も似たり寄ったりになっているはずです。

万が一その事に気付かずに、最大の利息を超える契約をしてしまっても、契約が機能しないものとなりますので、最大の利息以上の金利を支払う必要はないでしょう。

にも関わらず繰り返しキャッシュバックを求める際には弁護士か司法書士に相談してみてはどうでしょう。

これでキャッシュバックを求めるとこはなくなるでしょう。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.silverlotusyoga.org All Rights Reserved.